スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース

今日の中国新聞のニュースでこんな記事がありました。

広島市南区の市立広島工業高自動車部が今月、
1970年代に活躍した日本製F1マシン「マキF101」の修復を始めた
7月から市交通科学館(安佐南区)である
「カーレース 日本からの挑戦」(同館、中国新聞社主催)で公開する。
マシンは1974年、東京にあった
「マキエンジニアリング」
が4台を製作した。
F1グランプリには74年に2回、75年に5回出場。
いずれも予選落ちだったが、国内ではホンダに次ぐ、2番目の挑戦。
白い車体に日の丸を描いたデザインが特徴的だ。
国内に現存するのは1台の車体だけ。
長野県内の自動車部品店に飾られていたが、
2005年、自動車修復工場(西区)の技術顧問栃林昭二さん(57)が購入。
このほど「当時の最先端技術を若者に学んでほしい」との思いから修復を打診した。
車体は長さ4.14メートル、幅2.4メートル、高さ1.28メートル。
生徒15人が校内の実習場で破損や傷治しと塗装を進めている。
エンジンは栃林さんが勤める工場で再現し、6月までに完成させる。
企画展は7月17日―8月31日。60年代から現代までレーシングカー約10台が集結する。

ぜひ行ってみたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
カレンダー
<< 07
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
facebook


RSSリンクの表示
LikeBox
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。